毛抜きでのムダ毛処理について

ムダ毛処理の方法にはさまざまな種類がありますが、自己処理の場合はそれぞれに注意しなければいけない点があります。

間違ったやり方で自己処理を続けていると、色素沈着の原因になったり、雑菌が入りこみ、炎症を起こしてしまったりします。

ムダ毛処理の方法の中でも、誰でも一度はやったことがある方法だと思うくらいポピュラーな、毛抜きを使用しての処理ですが、この処理方法にも注意しなければいけないことがあります。

まず、毛抜きで毛を抜くと、毛穴が目立ちやすくなります。

強い力をかけて毛を引き抜いているので、皮膚が引っ張られ、毛穴に黒いポツポツとした突起ができてしまうのです。これを繰り返していると黒ずみの原因となってしまいます。

このトラブルを避けるためには、必ず入浴後などの皮膚が清潔で柔らかい状態の時に毛抜きでのムダ毛処理を行うようにします。

そうすることで、柔らかく清潔な肌であれば、肌への負担も軽減されます。

また、毛抜き自体が汚れていることが原因となることがあるので、定期的に消毒を行う必要があります。

なかなか抜けない頑固な毛には、無理に引っ張ろうとせず、蒸しタオルなどをしばらくあて、皮膚を柔らかくしてから行うと刺激が少なく処理することができます。