男の離婚準備

【男の離婚準備の基礎知識】離婚で妻から養育費を貰うには

離婚大国と言われる日本では実に日常的に離婚が行われています。
しかし、そのほとんどのケースでは妻が親権を取って子供と同居して夫から毎月養育費を貰うという形に終結しています。

 

これは社会的に女性よりも男性の方が経済力がある、
女性の方が家庭力があるという世間一般的な概念が少なからず関係しています。

 

ただし、昨今では家庭力のある男も多くなってきていますので男が親権を取ることも出てきています。
そうしたケースでの離婚ではしっかりとした離婚準備が必要です。

 

というのは、前記したような世間一般的な概念から男は養育費を貰わないという考え方が確かに存在しているからです。
これにより妻側は金銭的な負担を一切することなく離婚することができてしまいます。

 

離婚準備ではこうしたことがないように離婚協議を行い、その内容をしっかりと記録することが重要です。
しかし、いくら離婚準備を滞りなく進めたとしても妻側に支払い能力がなければ多くを求めることはできません。

 

例えば夫が年収400万円、妻が年収100万円だとすると離婚してしまえば妻側は1人で生活することすら難しい状況になります。

 

これではいくら養育費を裁判所を通して請求したとしても少しの金額が貰えれば良い方です。

 

では、やはり男は1人で養育していくしかないのでしょうか。
女性の社会進出は以前から話題になっていますが、1人身になれば女性であっても出世の可能性は十分にあります。

 

また、条件の良い会社への転職という可能性もありますので離婚協議の際に、
将来支払いが可能な状況になった場合再び協議するという内容を交わしておくと良いのではないでしょうか。